ウィンボンド・エレクトロニクスはスペシャリティメモリの設計、製造、販売を行っており、製品設計、技術研究開発、ウェハ製造によって自社ブランドを全世界に広め、トータルなメモリソリューションを提供する会社です。1987年の9月に設立、1995年台湾株式取引市場に上場し、本社は台湾中部の科学技術園区内に位置しています。  

事業は「フラッシュメモリ事業」、「DRAM製品事業」、及び「メモリIC製造事業」の3つを柱として、常に製品及び技術革新の追求を続けています。主な製品は、コード格納用フラッシュメモリ、スペシャリティDRAM及びモバイルDRAMであり、独自技術の優勢を活かし、また慎重に生産能力戦略を策定することにより、フレキシビリティの高い生産システムを構築しています。また、これまで製品間の相乗効果により、お客様の多元的な要求を満たし、自社ブランドを確立させることに成功してきました。 コード格納用フラッシュメモリは、低・中容量市場をターゲットとしており、完全規格に対応したシリアルフラッシュメモリとパラレルフラッシュメモリを提供しています。小型パッケージ、低消費電力、低コストといった特徴を有し、パソコン周辺機器市場で高いシェアを獲得しています。また、近年はモバイルデバイスとコンシューマ領域への対応を積極的に拡大させています。  

また、高性能・低消費電力メモリの設計技術とインチの12インチウェハ工場の生産能力により、モバイルDRAMとスペシャリティDRAMの全シリーズで自社製品を発売しており、ブランド力のある顧客及び品質志向の製品への供給に尽力し、モバイルデバイスの他、コンシューマ製品及びパソコン周辺機器、またKGD、オートモーティブ、インダストリアルなど高い品質が要求される分野にも対応しています。  

サービスを更に拡大させるため、アメリカ、日本、中国、香港、イスラエル等の各拠点で、積極的に販売網を拡大し、より身近な顧客サービスを提供するべく、専門的な販売体制を構築しています。品質については、厳密な生産ラインコントロールと品質管理を通して、品質分析、サプライチェーンマネジメントと顧客満足度を強化し、長期にわたって良い評価を獲得しています。また、ISO 9001、TS 16949、QC 080000、ISO 14001、OHSAS 18001などの国際品質認証も受けております。 ウィンボンドは、今後も顧客志向のサービスを提供し、またリソースをより競争力のあるマーケットに集中すると同時に、先進的な半導体設計及び生産技術を活用していきます。また従業員のアイディア及び知恵を合わせて、「責任、革新、チームワーク」という企業文化の下、「実行力、革新、熱情」を精神として経営活動を行い、一流のソリューションサプライヤーを目指して邁進していきます。