トップページ

Secure-IC社 ウィンボンド・エレクトロニクスとの組み込みサイバーセキュリティ

このパートナーシップでは、ウィンボンド・エレクトロニクスのTrustME®セキュアフラッシュメモリとSecure-ICのSecuryzrTM製品を組み合わせることで、セキュアブートやRoot-of-Trust、保護・検知・復帰(レジリエンス)といった業界最高水準を求めるコネクテッドプラットフォーム上のサイバーセキュリティを加速します。ここには基幹となるキープロビジョニングや、重要情報を安全に保存できるストレージ、ライフサイクル管理が含まれます。

 

フランス、レンヌ – 2020年2月25日–組み込みサイバーセキュリティにおいて業界最高水準の保護技術を有し、かつ統合型セキュアエレメント/セキュリティプラットフォーム、第三者認証と保証を担保する事前検証評価ツール、セキュリティアセスメントサービス/コンサルティングの専門知識を有するSecure-IC社は、本日、半導体メモリの世界的リーディングサプライヤであり、第三者認定メモリのパイオニアであるウィンボンド・エレクトロニクスとのコラボレーションを発表しました。このパートナーシップのもと、Secure-ICはウィンボンドの、TrustME® セキュアフラッシュメモリを用いてセキュリティライフサイクル全体のサポートを強化したセキュリティプラットフォームを提供します。

Secure-ICとウィンボンド・エレクトロニクスのコラボレーションは、ウィンボンドのTrustME®セキュアフラッシュメモリとSecure-ICのSecuryzrTM統合セキュリティサービスプラットフォームを活用したサイバーセキュリティを提供します。Secure-ICのセキュアエレメントは、チップからエッジ、クラウドまでのセキュリティを提供する統合セキュリティサービスプラットフォームとして、以下によって構成されています。

1) 統合型セキュアエレメント(ISE/Integrated Secure Element)

2) セキュアなコネクティビティライブラリを含むファームウェア等のサービスソフトウェアスタック

3) キー管理などのサーバーセキュリティライフサイクル

SecuryzrTMは、お客様のセキュリティオーナーシップを完全なものにするための核になります。

ウィンボンドのTrustME®セキュアフラッシュメモリファミリーは、優れたNORフラッシュ製造プロセスと最先端のハードウェアセキュリティテクノロジーを融合しています。同社が提供する製品は、世界初で最もセキュアなEAL5+コモンクライテリア認定フラッシュメモリから、様々なアプリケーションにおけるセキュリティ上の課題と要件を費用対効果も含めて解を提供できるEAL2認定メモリまでカバーします。

Secure-ICの統合型セキュアエレメントは、ウィンボンドのTrustME®セキュアフラッシュメモリと組み合わせ、システムのライフサイクルに沿ったさまざまなサービス、すなわちキーのプロビジョニングと管理、をホストシステムに提供します。セキュアブートとファームウェアのアップデート、ライフサイクル管理、メモリアクセス管理などそのソリューションは、最高レベルのセキュリティ認証とパフォーマンス要件に準拠しています。

「第三者認定メモリにおける世界クラスのパイオニアとチームを組むことで、多くの市場で必要とされる高度な商品力を維持しながらセキュリティを強化することができます」と、北アジアのセールスディレクター兼コーポレートマーケティングディレクターのYan-Taro Clochard氏は述べています。「当社の製品は、キープロビジョニングとライフサイクル全体にわたるセキュリティクレデンシャル情報管理を提供します。 第三者によって認定されたセキュアメモリを持つウィンボンドと提携することで、最先端のサイバーセキュリティソリューションを提供するという当社のコミットメントを強化し、認定に費やす労力を削減することで顧客の信頼を高めることが可能です」

「事前に検証され、かつ第三者認定されたソリューションの提供は、プライバシーとサイバーセキュリティ規制が義務化されつつある状況の中であっても製品化までの時間を大幅に短縮します」ウィンボンドのマーケティングディレクターHung-Wei Chen氏は述べています。「認定を受け、かつスケーラブルなセキュアメモリサブシステムとして、ウィンボンドのTrustME®セキュアフラッシュメモリは幅広い組み込みアプリケーションに対応する完全なシステムとして、Secure-ICのSecuryzrTMアーキテクチャを補完します」

コネクティビティの需要が高まる中、多数のアプリケーションと複数のデバイスがつながる環境において大量の機密データをセキュアに管理する必要があります。このパートナーシップにおいてSecure-ICは、暗号化キーのセキュアなプロビジョニングおよびその後のセキュリティ資産管理のための統合設計手法を提供します。

セキュリティはすべての方に関わる問題です。各々のレイヤーはシステム全体のプロテクトに努めるべきであり、そのためにセキュリティ機能搭載のメモリも不可欠になりつつあるのです。ウィンボンドのコモンクライテリア認定生産拠点は、セキュアな生産やソフトウェアプログラミング、コネクテッドシステムのキープロビジョニングを保証します。ウィンボンドとのパートナーシップは、ソリューションの本質的な部分となる信頼されたファームウェアを活用しつつセキュリティシステム構築を完結します。

※本プレスは、パートナーであるSECURE-IC社からの内容を引用しています。

 

About Secure-IC
Secure-IC recently achieved ten years in business of growth and progression, during which time, the company has expanded globally. With presence in 20 countries across 5 continents, Secure-IC has established a thought leadership position in the security world. Secure-IC sets itself apart by accompanying customers along the IC design process by providing best in class protection technologies, integrated secure elements and security platforms to reach the best available certification required for different markets.  Combining a full set of analysis platforms with best of breed set of security technologies & backed by almost 40 families of international patents, Secure-IC is considered a leader in cyberspace security embedded systems.  Secure-IC protects companies against attacks and guarantees at each stage of the design process that the absolute optimal security level is reached.  The best of breed technologies that are provided stem from the company’s commitment to the research community in order to foresee future major threats, tackle problems with innovative solutions & empower the intricate work of the industry standardization bodies.  The company provides Silicon proven technology, pioneering in AI for embedded security, post quantum & hybrid, and state-of-the-art synthesis of attacks/ countermeasures.   The embedded security system lines can be better recognized as SecuryzrTM, Laboryzr, TM and Expertyzr TM with the latter offering analysis tools and guaranteeing certification readiness and security assurance.

More information is available on request, please visit us at www.secure-ic.com or reach us at the following;

Twitter @SecureIC.

Linked In; @Secure-IC.

 

ウィンボンド・エレクトロニクスについて
ウィンボンド・エレクトロニクスはトータルメモリソリューションプロバイダです。製品の設計、研究開発、製造、および販売サービスのエキスパートとして、お客様のニーズに基づいたメモリソリューションを提供しています。ウィンボンド・エレクトロニクスの製品ポートフォリオは、スペシャリティDRAM、モバイルDRAM、およびコードストレージフラッシュメモリで、通信、家電、車載、産業用、そしてコンピュータ周辺機器市場におけるTier1メーカーで広く採用されています。

台湾中部サイエンスパーク(CTSP)を拠点とし、米国、日本、イスラエル、中国、香港に子会社を有しています。

稼働中の台湾・台中の12インチファブ、および新たに建設を進めている高雄の12インチファブをベースに、高品質メモリ製品を提供するため、更なる自社技術開発を進めています。

 

TrustME®は、ウィンボンド・エレクトロニクスの商標です。 この資料に記載されている他のすべての製品名は、識別のみを目的としており、それぞれの会社の商標または登録商標です。


【製品窓口】
小野 真人
マーケティング&FAE部
セキュアプロダクトグループ 統括部長代理
TEL: 045-478-1883
E-mail: mono@winbond.com

【ニュース窓口】
森本 直美
マーケティング&FAE部
TEL: 045-478-1883
E-mail: nmorimoto@winbond.com

【広報担当】
Jessica Chiou-Jii Huang
Vice President & Chief Financial Officer
TEL: +886-3-5678168/+886-987-365682

TOP

Copyright © Winbond All Rights Reserved.

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. Learn more
OK