トップページ
製品の捜索結果“ telematic ”, 0 項目の結果
  • 製品 (0)
検索結果が見つかりませんでした。テクニカルサポートにお問い合わせください。
キーワードの捜索結果“ telematic ”, 6項目の結果
  • 全て (6)
  • Winbond Electronics Enters Automotive Flash Memory Market

    Winbond Electronics Enters Automotive Flash Memory Market Serial Flash Memory Leader Applies its Design, Manufacturing Expertise to Provide TS16949-Certified, AEC-Q100-Qualified Devices to Rapidly Expanding Market SAN JOSE, Calif., USA – Feb. 27, 2012 --Winbond Electronics Corp., a leading global su...

  • Automotive Flash Product Brief

  • 車載アプリケーション向けLPDDR4/4xソリューション

    車載アプリケーションにおける半導体のトレンド 自動運転技術は進化を続けており、スマートカーの発展に貢献しています。第5世代モバイルネットワーク(5G)と人工知能(AI)の発展に後押しされ、ICT(情報通信技術)業界は今まさに自動運転車の実現という目標に向かって力を注いでいます。その目標を達成するため、当初、エンターテイメントプレイヤーやナビゲーションシステムがメインだったICTの車載アプリケーションは、深層学習や車と車外間通信(V2X)に移行しつつあります。また、あらゆるICT技術にとって半導体が重要な原動力となることは間違いありません。 先進運転支援システム(ADAS)は現在、車載用情報通信...

  • セキュリティの落とし穴 「外付けフラッシュメモリ」は組み込み認証で守る

    近年、マイクロコントローラ(MCU)やシステムオンチップ(SoC)メーカは、セキュリティの必要性を感じ始めたユーザの要望に応えて、様々なセキュリティ機能を実装した製品群をリリースし始めています。今日では、金融系以外のアプリケーション向けにも、業界標準の32ビットCPUコアにハードウェア暗号アクセラレータや乱数発生器(RNG)、セキュアストレージを実装することがトレンドとなっています。 MCUやSoCに外付けされたフラッシュメモリには、ユーザが開発した貴重なアプリケーションコードやデータ(知的財産、Intellctual Property)が格納されていますが、オンチップメモリ(SoCのマスクR...

  • 新たな診断データとオペレーションが自動車の機能安全規格要求に対応するためには、どのようにフラッシュメモリICを装備するべきか

    NORフラッシュは、長年にわたり車載用途において使用されている信用された技術であり、今日、計器クラスタやインフォテインメント、テレマティクスシステムなど、さまざまな車載システムに使用されています(図1参照)。 これらのアプリケーションにおいて不揮発性メモリは、プログラムコードを保存し信頼性とExecute-in-Place (XiP/ホストプロセッサが外部DRAMを介さずフラッシュから直接コードを実行)を行うのに十分な読み出し速度を提供します。 NOR フラッシュは、現在利用可能な車で既に行われている、定速走行・車線維持など高速道路の準自動走行機能を装備しているADAS(Advanced Dr...

  • High Performance QspiNAND taps into explosive growth in demand for automotive memory

    Demand for automotive memory is showing explosive growth in recent years as a result of maturing ADAS technology, increasing demand for in-vehicle infotainment systems and automotive display as well as instrument cluster display gradually upgrading from conventional 4.5-inch panels to 12.3-inch smar...

TOP

Copyright © Winbond All Rights Reserved.

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. Learn more
OK