トップページ
Main Image

Low Power SDR SDRAM

近年のIoT機器では、超高速データ処理に加え、長寿命なバッテリーが求められています。これを実現するために、オンボードRAMは可能な限り低い電力設定で効率的に動作する必要があります。Low power SDRAMは、IoTデバイスを最適なレベルで長時間動作させるための省エネ技術を搭載しています。

Low Power SDRAMの機能は?

Low Power SDRAM は、標準のDRAMと同様に動作します。データ転送は、クロック信号をチャネリングする有限ステートマシンを介して行われます。通常の SDRAM と同様に、進行中のタスクが処理されている間に新しいコマンドを受信するコマンドチャネリングが可能です。また、Low Power SDRAMは、アイドル時、アクティブ時の消費電力を最小にするためのさまざまな機能を備えています。 

ウィンボンドLow Power SDRAMの特長

ウィンボンドのLow Power SDR SDRAM製品ファミリは、Partial Array Self Refresh(PASR)、Auto Temperature Compensated Self Refresh(ATCSR)、Power Down(PD)、Deep Power Down (DPD)、駆動力のプログラムが可能な出力バッファなど、消費電力を削減するための特定の機能を備えています。

Low Power SDRAMを選ぶ理由

携帯電話やその他のIoTデバイスは、アプリケーション未使用である多くの時間をアイドルモードで過ごしますが、この静止状態でも電力を消費し続けています。

スマートなLow Power RAMを組み込むことで、携帯電話は必要なデータ処理のレベルに応じてエネルギー使用量を調整することができます。これにより、携帯電話のバッテリー寿命を大幅に延ばし、全体的なエネルギー効率を高めることができます。

ウィンボンドは優れたLow Power SDRAMを提供します

ウィンボンドは、最先端のコンピュータメモリ製品をお客様に提供する、スペシャリティメモリのリーディングカンパニーです。

当社のLow Power SDRAMは、お客様のプロセスを最適化し、IoTデバイスのバッテリー節約能力を向上させるために構築されています。当社は、さまざまなモバイルアプリケーションに適した幅広い容量帯とチップ構成を提供します。

 

: KGDに関するご要望はテクニカルサポートまでお問い合わせください。

Density

Part No. Voltage Speed Temp. Organization Status Industrial & Commercial
Datasheet
Automotive Industrial & Commercial
W989D6KBG 1.8V/1.8V 133 / 166 MHz -25℃~85℃, -40℃~85℃ 32Mbit x16 - N pdf
W989D2KBJ 1.8V/1.8V 133 / 166 MHz -25℃~85℃, -40℃~85℃ 16Mbit x32 - N pdf
W989D6DBG 1.8V/1.8V 133 / 166 MHz -25℃~85℃, -40℃~85℃ 32Mbit x16 - P pdf
W989D2DBJ 1.8V/1.8V 133 / 166 MHz -25℃~85℃, -40℃~85℃ 16Mbit x32 - P pdf
ステイタス1:P=製造中 S=サンプル UD=開発中 N=新規デザインに推奨しない 。
ステイタス2:全てのウィンボンド製品は、ハロゲンフリー、RoHS指令に基づいたパッケージングです。詳細や仕様に関しては、データシートをご参照ください。

Technical Documentation

Resources

Product Brief

Specialty DRAM and Mobile DRAM

Tags -
  • File Type:pdf
  • Updated:27/05/2020
Video

Ultra Low Power DRAM A “Green” Memory in IoT Devices

  • File Type:Video
  • Updated:11/12/2018
TOP

Copyright © Winbond All Rights Reserved.

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. Learn more
OK