トップページ
Main Image

技術の進化に伴い、コンピューティングデバイスのデータ処理部品は、より使いやすく高速であることが重要視されています。このような背景から、低い電源電圧で動作する超高速RAMチップとして、第3世代のDDR SDRAMであるDDR3(Double Data Rate 3)SDRAMが標準化されました。

DDR3 SDRAMの特長は?

DDR3 SDRAMは、電子機器に使用されるメモリの一種であり、車載用、産業用、テレビ用、STB用、ネットワーク用、BD-Player用など、さまざまな用途で使用されています。DDR3 SDRAMは、従来のDDR2 SDRAMよりも、高いクロック周波数で動作し、広い周波数帯域での動作を実現しています。

DDR3 SDRAMモジュールの消費電力について

DDR3 SDRAM のメモリユニットあたりの消費電力は低いものの、個々のチップやDIMM間の消費電力は、関連するコンピューティング アプリケーションの種類、実行中のバス速度、および動作電圧によって異なります。

DDR3 SDRAMの主な利点(DDR2との比較)

DDR3 SDRAMは、DDR2 SDRAMと比較して以下のような特長を持っています。

DDR3 SDRAMに最適なアプリケーション

DDR3 SDRAMの低消費電力でかつ広帯域な仕様は、以下のようなアプリケーションに適しています。

ウィンボンドは新しいアプリケーション向けに低容量帯のDDR3 SDRAMを提供します

ウィンボンドは、SDRAMの製造に定評のあるメーカーです。最大2133Mbpsの速度を達成する、最高品質の1Gビット~4GビットのDDR3 SDRAMを取り揃えており、AI機能を備えたエッジIoT機器等の新たなアプリケーションに適したメモリソリューションを提供します。

 

注:KGDに関連するリクエストについては、テクニカルサポートにお問い合わせください。

Density

Part No. Voltage Speed Temp. Organization Status Industrial & Commercial Datasheet
Automotive Industrial & Commercial
W634GU6NB 1.283V to 1.45V 933 / 1066 MHz C-temp, I-temp 256Mbitx16 P N pdf
W634GG6NB 1.5V±0.075V 933 / 1066 MHz C-temp, I-temp 256Mbitx16 P N pdf
W634GU8NB 1.283V to 1.45V 933 / 1066 MHz C-temp, I-temp, Automotive 512Mbitx8 P N pdf
W634GG8NB 1.5V±0.075V 933 / 1066 MHz C-temp, I-temp, Automotive 512Mbitx8 P N pdf
W634GU6QB 1.5V and 1.35V 933 / 1066 MHz C-temp, I-temp 256Mbitx16 UD pdf
W634GU8QB 1.5V and 1.35V 933 / 1066 MHz C-temp, I-temp 512Mbitx8 UD pdf

 

ステイタス1:P=製造中 S=サンプル UD=開発中 N=新規デザインに推奨しない EOL=製造中止。

ステイタス2:全てのウィンボンド製品は、ハロゲンフリー、RoHS指令に基づいたパッケージングです。詳細や仕様に関しては、データシートをご参照ください。

Automotive3 :車載用製品に関する情報は、DRAM-Automotive@winbond.comまでお問い合わせください。


Technical Documentation

Resources

Product Brief

Specialty DRAM and Mobile DRAM

Tags -
  • File Type:pdf
  • Updated:27/05/2020
TOP

Copyright © Winbond All Rights Reserved.

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. Learn more
OK