トップページ

テクニカル記事

ウィンボンドは幅広いテクニカル記事をオンラインで提供し、みなさまの学習をサポートします。 技術担当者とのディスカッションをご希望の際はご遠慮なくお問い合わせください。

IoTデバイスのコードとデータに包括的なセキュリティを約束する新しいセキュアフラッシュデバイス
今日の組み込みデバイスの設計では、一般的にアプリケーションコードが外部フラッシュメモリデバイスに保存されます。しかし、デバイスがコネクテッドな環境の、特にインターネットに接続されるIoTデバイスの場合、外部フラッシュに保存されたブートコードは攻撃を受けやすく、メモリデバイス自体が包括的なセキュリティ機能で保護されていない限り、盗難や侵入の危険性があります。これこそが、SoC/MCUのセキュリティを補完する、セキュアなフラッシュデバイスの価値です。 Read more
ウィンボンド・エレクトロニクスのセキュアフラッシュメモリの新しいアーキテクチャは低コストで大容量なセキュアストレージを提供
ムーアの法則で予測された半導体製造プロセスの確固たる進展は、組み込みシステム開発者にとってさまざまな点において有益なものにしました。その結果一方ではアプリケーションプロセッサーのユーザーに、デバイスとそれが取り扱う送受信データを保護するという高度なセキュリティ上の課題が生じています。 Read more
ブートコードなど重要データの保護:NORフラッシュのデータ保護設定を利用し、システムの信頼性を向上させる
組込みシステムにおいて、シリアルNORフラッシュメモリは、512Mビット以下の容量を必要とするアプリケーション向けに、コードストレージおよびデータストレージ用の高信頼性、低容量メモリとしてよく使用されています。業界全体で幅広い採用を容易にするために、シリアルNORフラッシュメモリは、たとえば、マイコンまたはSoCのシリアル・インタフェースで制御されるなど、特定の標準に準拠しています。これらの標準機能の1つとして、格納されたデータの保護機能があります... Read more


その他

次回のウェビナー

  • 日付
    ウェビナートピック
    登録
  • 近日公開

オンデマンドウェビナー

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. Learn more