トップページ

テクニカル記事

ウィンボンドは幅広いテクニカル記事をオンラインで提供し、みなさまの学習をサポートします。 技術担当者とのディスカッションをご希望の際はご遠慮なくお問い合わせください。

新たな診断データとオペレーションが自動車の機能安全規格要求に対応するためには、どのようにフラッシュメモリICを装備するべきか
NORフラッシュは、長年にわたり車載用途において使用されている信用された技術であり、今日、計器クラスタやインフォテインメント、テレマティクスシステムなど、さまざまな車載システムに使用されています。 これらのアプリケーションにおいて不揮発性メモリは、プログラムコードを保存し信頼性とExecute-in-Place (XiP/ホストプロセッサが外部DRAMを介さずフラッシュから直接コードを実行)を行うのに十分な読み出し速度を提供します... Read more
高性能SLC NANDフラッシュは車載システム向けコードストレージとしての道を拓けるか
二つの種類のフラッシュメモリが、システム設計者に広く知られています。1つはNORフラッシュで、長期間データを保存できる堅牢で信頼性の高いメモリです。 256Mb以下の低容量の製品が生産されており、ビット単価が比較的高いです。もう1つは大容量を利点とするNANDフラッシュです。2018年2月現在、最先端の3D NAND製品は... Read more
コスト、信頼性、性能を満たす選択肢は?IoTデバイス開発に欠かせないOTA機能の実装アプローチ、3つの手法を徹底検証
近年、デバイスメーカーは製品寿命の長期化やコネクティビティに対する要求の高まりを受け、OTAアップデートによる継続的な価値提供が求められている。本稿では、フラッシュストレージにおけるOTA機能の実装アプローチの基礎を解説するとともに、従来手法の課題解決に役立つ“最適解”について提案する... Read more
High Performance QspiNAND taps into explosive growth in demand for automotive memory
Demand for automotive memory is showing explosive growth in recent years as a result of maturing ADAS technology, increasing demand for in-vehicle infotainment systems and automotive display as well as instrument cluster display gradually upgrading from 4.5-inch panels to 12.3-inch smart panels.  Read more
高性能シリアルNAND:車載ディスプレイアプリケーションに最適な高容量フラッシュメモリ
インストルメントクラスタとセンター情報ディスプレイ(CID)、またヘッドユニット等の自動車ディスプレイは、より大型化し、精彩かつ大量のデータを表示する傾向があります。タブレットやスマートフォンなどモバイルデバイスが普及したことにより、ドライバーも高解像度の大型ディスプレイにカラフルなグラフィックスが映し出されることに慣れてきています... Read more

その他

次回のウェビナー

  • 日付
    ウェビナートピック
    登録
  • 近日公開

オンデマンドウェビナー

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. Learn more